Home >> 人たらしのを極める!好かれる人間になるための方法

人たらしのを極める!好かれる人間になるための方法

Post on By jinseikeikaku
実際に、自分がこの人は好きって感じる人をじっと見つめたことってありますか?人から好かれる人間になるためには、どんなことに気をつけていけばよいのでしょうか。今回は人から好かれ人間になる方法を紹介しますので参考にしてみてくださいね!
ポイント1=相手の話に耳を傾ける
実際に、会話をしている中で、話したいことや聞きたいことを一方的に押し付けるという傾向にある人が多いのですが、人から好かれる人になるためには、相手の話を引き出すことが出来る会話術が必要になってきます。相手が主導する会話をすることにより、相手もよい気分になりますし、知りたい情報を自然に聞くことがでいます。簡単に説明すると聞き上手になることが第一歩になります。必要な情報だけに興味を持つのではなく、相手の口から自然と出てくるのを待っているようにしましょう。
ポイント2=聞きたい話へは急がばまわれということで、自分が知りたい情報を聞くと怪しまれてしまう傾向にあり、逆に相手のガードが固くなってしまいます。仕事などでもそうですが、販売したいものをすぐに紹介するのではなく、会話をしながら自然に話を持っていくことにより、相手も納得できて購入へと進展します。お願いするときだけでなく、日ごとから話しの引き出しを増やすようにして、相手を見極めながら会話を進めていくことにより、成功へ導くことが出来ます。
ポイント3=相手の弱みをキャッチするということで、相手の弱点に付け入ろうということではありません。相手の弱みを知ることにより、物事をスムーズに進行することが出来ます。
ポイント4=柔軟性が必要です。何よりも、親しくなりたいと感じても、全く共通点がない場合には、親しくなることが出来ませんし、誰でも同じ接し方では、あなたを理解してくれる同じ考え方の人と理解できない考え方の人がいますので、柔軟性は重要になってきます。あらゆる人に対応することができる力を養っていきましょう。
ポイント5=ライバルにも礼節を尽くすようにしましょう。実際に、ライバルこそが、自分が知らない情報などを知っている相手でもあり、悪い噂を立てられてしまう可能性は高いので、礼節を尽くすことにより、よい関係で接することが出来ます。
実際に同じように過ごしていても、人間関係は全く違ってきます。でも、自分でも気が合う友達と一緒にいると楽しむことが出来るし、相談しやすく、悩みなども解消に導くことが出来ますよね。
何より可愛がられるためには、言動と行動はポジティブにが基本となっています。そんな気分でない時もありますので、難しいと感じている人も多いと思います。しかし、ポジティブな言動が取れている人は、自然に人間関係をコントロールすることが出来るといわれています。
実際に、私たちの脳と運動機能は感じたことに対して素直に相互に働きかけるのです。うれしい時は自然に笑顔になりますし、悲しい時は涙が出るようにとような感じで日常を過ごしているのです。
また、楽しければよいというものではなく、楽しいことよりも感動することを与えることにより、多くの方があなたを頼ってくるようになります。実際に、笑う時よりも感動の方が記憶に残りやっすいという傾向にあり、感動を与えることが出来るように接していきましょう。
難しいと思いますが、多くの方がそれなりに対処していると思います。うらやましいと感じるのは嫉妬で、自分も何か努力をしていますか?自分を振り返ってみることが何よりも重要な時だと思います。
This entry was posted on 火曜日, 10月 25th, 2016 || . ||